風のおひるね様のレイアウト

最初に買ったメルクリンHOは、スターターセットでもなく、たった1台の機関車と少しのレールでした。
コントローラーは、モバイルステーションでもなく、ボタンの付いた6021でした。
メルクリンストア大阪HRSはまだなく、店長もただの友達でした。

そこから、鉄道博物館を超えるまで。
6021から、CS3のブレーキマクロまで。

レイアウトの形で辿る、夢の軌跡

床にメルクリンを広げる。それだけで楽しい!!

自宅の部屋にただ丸く線路を敷いただけ。
水面を走る小さな機関車。かわいい。アニメの世界みたい。
ペンギンを乗せて、レトロな水着を着たひげ面のおっさんも乗せて。

かっこよく作ろうとしなくても、ほっこりする。家族にも「いいね」と言われる。
それがメルクリン。

等倍速の再生です。(音声あり・1分30秒)


たくさんレールを敷いて、大きなレイアウトを作って、自動運転して、ジオラマを作り込む。
そうしないと楽しくない。鉄道模型と言えない。とても友達に見せられない。
そんなこと思っていませんか?

メルクリンは床に敷くだけで、スターターセットだけで、十分に楽しく、面白いのです。

水面は紙の台紙になっているので置くだけです。もちろんHRSで売っているものです。
ボートもペンギンもおっさんも、Preiser(プライザー)製の完成品をポンと置いただけ。もちろんHRSで売っています。

それでも音が出て、想像力を掻き立てられて、わくわくします。
これでも立派なレイアウト。
いや、これこそが『メルクリン』のレイアウト。

円形の線路を敷くスペースすらない。それがなにか?

鉄道模型は円形に線路を敷かないといけないと思っていませんか?

ただ少しの直線だけで良いんです。
そう、メルクリンならね。

窓枠

等倍速の再生です。(音声あり・10分34秒)


東京都内の狭小住宅の部屋にレイアウトを設置しました。
窓枠のスペースしかありませんが、2編成の列車が走ります。

単に列車が往復しているだけでしょ?
そんなの面白いの?

そう思っていた時が、私にもありました。

ただの往復じゃないんです。
途中で止まったり、戻ったり。
単純だけど、毎回違う動き。毎回違うパターン。
意外と飽きません。

途中に黄金の木があるでしょ?
あれは琥珀で出来た木です。
HRSの店長とオーストリアに遊びに行った時に買いました。
線路の間のミニカーも、ドイツのミニチュアワンダーランドで買いました。

小さいけれど、思い出は無限に詰め込める。

リバース

等倍速の再生です。(音声あり・3分56秒)


走っていった列車が、同じところに戻ってくる。
リバース配線と呼ばれる形態の1つです。

リバースがあると、列車の進行方向が変わる。
折り返しで、停車・発車が見られる。

リバースなんてなくてもいいと言われますが、あったら、できたら、もっと楽しいでしょう?

むしろ線路すら、なくていい

平和と悪魔

棚の奥にある建物をセントラルステーションで演出しました。
音楽も、効果音も、鉄道模型のコントローラー(CS2またはCS3)本体から鳴らしているんです。

等倍速の再生です。(音声あり・1分46秒)


これも『メルクリン』です。

全く同じ建物のストラクチャーでも、演出によって、様々な情景を作り出すことが出来るのです。

ガンダムのシャアと共演

みんな大好き。有名なロボットアニメのプラモデルとも一緒に遊べる!
列車が通過するとモノアイ(ロボットの眼)が光って、しゃべります。

等倍速の再生です。(音声あり・0分55秒)
※著作権のあるプラモデルや音声は、個人の趣味の範囲で楽しみましょう。


専用ですから、赤いモビルスーツに、赤いタリス(フランス・ベルギー・オランダ・ドイツを走る高速列車)。

初音ミクと共演

みんな大好き。有名な電子の歌姫。
列車が通過すると歌います。

列車にも走行音が収録されているモデルがあります。
後半の機関車はジョイント音が組み込まれているので、鉄橋を渡る時だけ鳴らしています。

等倍速の再生です。(音声あり・1分37秒)
※著作権のある音声は、個人の趣味の範囲で楽しみましょう。


センサーを使えば、お座敷にポンとレールを敷いただけでも、心躍るレイアウトに早変わり。
好きなものに囲まれる。マニア垂涎の時間です。

蒸気機関車の運転士に、俺はなる!

セントラルステーションには、CGで描かれた運転台で運転できるモードがあります。
※mfx+の機関車のみです。

等倍速の再生です。(音声あり・5分40秒)


私はSL世代ではなく、運転方法も知りませんでした。
HRSのお客さんで詳しい人がいて、実機の運転について教えてもらいました。

おお、本当に走った!
僕にもSLが運転できたぞ!!

机の上のレールに、駅を置いただけでも、まるでドイツに行ったみたい。

mfx+はとてもリアルです。
燃料が尽きると走れなくモードにすることもできるんです。

友達と遊ぶ。自宅が無理なら世界に飛び出せ

大阪のメルクリン友達の家に遊びに来ました。
※私は東京23区内在住です。

友達の持っているレールと車両を借りて、その場で組んで、セントラルステーションに設定を追加。

何も持っていなくても、博物館のようなレイアウトが出現。
彼がクロコダイル(機関車の愛称)が好きだというので、後半はそればっかりを走らせて遊びました。

等倍速の再生です。(音声あり・3分25秒)


たくさんの列車を走らせたり、自動運転するには、大きなレイアウトとたくさんの設備が必要?
いいえ。お座敷でも十分です。

小さいからこそ極みに挑める。全集中の呼吸

窓枠のリミテッドエディション

こだわりたい人。複雑な運転や自動運転を極めたい人でも、大きなレイアウトは不要です。
むしろ小さいからこそ、難易度が高く、極められるのです。

窓枠に収まるのに、3編成の列車が交互に走るレイアウト。
あれ?どっかでみたような?
そうです。HRSの店内にある、あのレイアウトは、私の自宅の窓枠の大きさなのです。

等倍速の再生です。(音声あり・8分32秒)


棚のエンドコンテンツ

自宅の棚に線路を敷いた極限の詰め込みレイアウトです。

複数の列車が行ったり来たり。
手前から奥まで、様々なパターンで走ります。

このレイアウトは、始めた時と、全く同じ車両配置に戻るのに、約5時間かかります。
パターンの組み合わせでも同じにはならない。
現実の列車も「ダイヤ」というパターンに沿って走っていますが、駅で見ていたら飽きないでしょう?

等倍速の再生です。(音声あり・11分24秒)


アルタイルハーミテージ

セントラルステーション2(CS2)を使って作った、初めての本格的な自動運転レイアウトです。
たくさんの列車が同時に、発車、停車、往復、入れ替えなどをしながら走ります。
まるで鉄道博物館が部屋に出来たような感動がありました。


夜景の演出にも凝ってみました。
家庭用のプラネタリウムを水平に投影したり、室内の打ち上げ花火プロジェクションを重ねたりしています。


アルタイルハーミテージは、私にとって、メルクリンで夢が叶ったと実感できたレイアウトでした。
セントラルステーションのフルモデルチェンジと、賃貸住宅に設置していたため使命を終えて、その製作ナレッジは、現在は『ダメ人間レイアウト』に受け継がれています。

ダメ人間レイアウト

レイアウトの写真です

セントラルステーション3を使った、現行のメイン・レイアウトです。
車両、レールから、配線コネクターにいたるまで、すべてメルクリン純正製品・パーツのみで構築されています。
信号機、ブレーキモジュールは使用していません。センサーもレール加工は一切しないというルールです。
特別な機器を導入しなくても、メルクリンなら、こんなに複雑な自動運転も可能になるんだというポテンシャルを感じていただければ幸いです。
サイズは縦1.7m × 横2.2mと小さいですが、人生で一番納得がいって、満足しているレイアウトです。

ロフトベッドの横にあるため、寝ながら見たり、お酒を飲みながら鑑賞したり、スマホで運転を楽しんだりすることができます。
すっかりダメな人間のレイアウトになりました。
※1時間、自動で運転しっぱなしの状態を、2分20秒に圧縮して高速再生で撮影しています。(この動画は無音声です)


真上から見た状態の動画です。
列車の走行パターンがわかりやすいと思います。
※30分間くらい運転しっぱなしの状態を、2分20秒に圧縮して高速再生で撮影しています。(この動画は無音声です)


CS3を利用した様々な運転パターン

CS3とL88のポテンシャル

CS3とL88を使うと、信号機やブレーキモジュールを組み込まないでも、様々な運転ができます。

信号機とブレーキモジュールは、どの列車でも所定の位置に滑らかに停車させることができます。
しかし、けっこうなコストがかかるのと、HRS製のブレーキモジュールを使わない(=メルクリン純正品)と、配線や組み込み作業は大変で、お座敷レイアウトではハードルが高すぎます。
また、運転パターンがしっかりと決まっていないと、組み込んだ位置や長さを後から調整するのは困難で、停止位置も必ず決まってしまうという課題もあります。

一方で、CS3とセンサーを利用した運転では、センサーを組み込まない段階から、自由な位置と向きで滑らかに停車させることができ、様々な運転パターンを楽しみながら、自分が好きなベストな運転を模索することが可能です。

プログラミングのような特別な知識も不要です。
ただ、手動で列車を走らせて、その様子を録画して、編集で調整することで、複雑な運転も簡単に構築することができます。

私は、この方式を『録画運転』と、勝手に呼んでいます。
下の動画は、『録画運転』で、自分が好きな位置にぴったりと列車を停車させるイベントを登録している様子です。(音声あり・再生時間2分14秒)


このように、1つずつ列車の動きを録画して登録していくことで、誰でも簡単に自動運転ができるようになります。

以下に、実際に『ダメ人間レイアウト』で走らせている運転を紹介します。

全ての運転が、メルクリン純正品のみを使用、レール加工等自作は一切なし、CS3とL88、純正センサーレールのみで、構築しています。 信号機、ブレーキモジュールはありません。
また、センサーの数は全線で9箇所のみです。
CS3は『通常モード』で使用しています。拡張モード(マクロや条件分岐)は使っていません。
このレイアウトは、賃貸住宅のロフトに、そのまま置いてあるだけで、板や台、ビス止めなどは一切していない、お座敷レイアウトです。

超大編成を単線で交換運転する

10分くらいの様子を、2分20秒に圧縮して高速再生で撮影しています。(音声あり)


小さなお座敷レイアウトだからと言って、長大編成を走らせられないと諦めていませんか?

そんなことはないのです。
『録画運転』なら、待避線や駅の有効長からはみ出して停めることもできるので、列車の行き違いを自在に制御できます。

実際に手動で、行き違いさせた時の列車とセンサーの状態を、録画してイベントに登録するだけです。

毎回停まるだけでなく、通過する時もあります。

全自動にしなくても、CS3の画面のボタンを押したら、次の駅には停車するなどの運転も可能です。

真ん中の待避線に通勤列車だけを止めて他の列車を走らせる

等倍速の再生です。(音声あり・2分38秒)


けっこう複雑な運転です。

内側の線路は、駅から発車した列車が、ぐるぐるといろんな形で走行して、また駅に戻っていきます。
各駅停車だけは、途中の駅に停めます。
そして、停車している間に、急行列車がぶつからないように、他の線路を走って駅に戻ります。

3列車を単線で交換・閉塞しながら常に走らせる

2分20秒に圧縮して高速再生で撮影しています。(この動画は無音声です)


駅での停車に信号機(ブレーキモジュールなし)を組み合わせた例です。

単線で、3本の列車が、行き違いをしながら走り続ける運転です。
地方で頑張っている私鉄みたいな感じですね。

録画運転と、信号機・ブレーキモジュールは、互いに組み合わせることができます。
適材適所で、自分の運転に合った施設を導入するのが良いと思います。

CS3ブレーキマクロでの運転

等倍速の再生です。(音声あり・4分48秒)


CS3を拡張モードにして、ブレーキマクロ機能を使い、仮想的なブレーキモジュールを使用した運転です。

列車が停止する様子を見て、これまでの他の動画との停車の違いがわかりますでしょうか?
わからないですよね?

難しく高度な機能は、無理して覚えたり使ったりする必要はありません。
難しいことを頑張っても、鉄道模型としての運転の見た目は変わらないのですから、簡単にできる方が良いじゃないですか?

この動画は比較のために、あえて掲載しましたが、CS3は難しい機能を使わなくても、十分に楽しい運転が可能なのです!

どうやって設定しているのか知りたいというマニアックな人は、下のリンクから、実際に私が登録したイベントの内容を見られます。
ディレイの値は表示されていないので、各自のレイアウトに合わせて調整してください。

【CS3拡張モード:マクロ・条件分岐(if)なし】
外側線のイベント設定内容PDF

【CS3拡張モード:マクロ・条件分岐(if)なし】
内側の線路のイベント設定内容PDF

【CS3拡張モード:ブレーキマクロ使用】
外側線のイベント設定内容PDF

このように、お座敷レイアウトで、信号機やブレーキモジュールがなくても、CS3とセンサーがあれば、高度な自動運転が出来ます。
また、気分に合わせていつでも自由に運転パターンを切り替えられる、良い運転が出来たら登録できるという気軽さもメリットです。