メルクリン社からの重要事項のお知らせ

メルクリン社から以下の重要事項について、正式な回答がございましたので、お知らせいたします。

コンパクトCサインモーター搭載モデルについて

----------
SDSモーターへの交換や換装制度があるという件は、正しくありません。
正しくは、クレームのあったモデルについてのみ検査を行い、クレームの原因となる走行不良の問題を解消するために修理することです。
どのような作業を行うかは、我々の判断とクレームされた内容の状況で決定されます。
----------

と言うのが、メルクリン社修理部門の回答です。
つまり、リコール交換では無く、通常の不具合に対する修理依頼に対してモーターが交換されるケースもあると言う事です。

セントラルステーション60212について

-------------
60212の修理については今後も我々が受け付けます。
我々によるアップデートについては今のところその予定はありません。
-------------

との、回答がメルクリン社よりありました。
ESU社は、自社による有償のアップデートを施したセントラルステー ション(60212)については、その保証を行うと言う事です。メ ルクリン社が、60212の保証を放棄したのではなく、ESU社 によるアップデートは、あくまで社外の改造であり、その場合については、当然のことながらその後のメルクリン社による保証は受けられません。

以上が、メーカーの正式回答です。

  • トップページに戻る
  • 一覧に戻る